集中を妨げるもの


■集中を妨げるもの

 皆さんの集中をさたまげる、最大の敵はなんだと思いますか?
 ゲームや、漫画の誘惑でしょうか。空腹? それとも疲労?
 集中を妨げる最大の敵は、集中力なのです。
 私たちは、自分が集中すべきものを選べません。というより、選んでしまうと危険なのです。
 これは、歩きスマホをイメージするとわかりやすいですね。歩きスマホをしていて、目の前に、フタの空いたマンホールがあるとします。本来、そこにマンホールに集中を移して、穴を避けたいところです。つまり、集中力を切り替える必要があります。
 ところが、スマホだけに集中していると、マンホールの穴に気が付かず、穴に落ちてしまいます。
 集中力というのは、本来は、私たちが生命の危険にさらされた時、それを避ける、乗り切るための力です。そして、それはどこから訪れるかわかりません。ですので、一つのことに集中しないことの方が、生き残るには大切なのです。
 とはいえ、それは野生の話。私たちは、そういった生物的な側面からある部分で切り離され、本来は生存のために危険な、「一つのことに集中すること」を求められる社会で生きています。
 だとすれば、ともすれば散漫になる集中力を戻す。その訓練が必要になるのです。
 どういうことかというと、そもそも、今集中したいもの以外に集中が向くことは防ぐことができません。ですので、集中したいもの以外に集中が向いたときは、速やかに、また集中したいものに意識を戻す必要があります。
 その、速やかに集中を戻す訓練を積んでいくのです。
 その訓練には、二つの大きなアプローチがあります。1つは、精神的な面からのアプローチ。もう一つは、身体的な面からのアプローチです。
 精神的な面からのアプローチは、気が散った時に、もう一度意識をすることで集中しなおすこと。身体的な面とは、ルーティーンに代表されるような、集中を戻す動作を決めておくことです。
 いずれにせよ、集中は乱れることが普通だ、という認識の下、どうやって戻すかがポイントになります。